yukitka2

Stay Hungry Stay Foolishをいつも心にとめながら
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 『忘年会06〜僕たちこれでも社会人やってますスペシャル〜』 | main | 新年会07 >>

2007年の漢字

▼今年もあとわずか。毎年恒例の、今年1年の振返りを綴っていこうかと。
さて、こたびは趣向を凝らして過去3年に遡って、青春時代ともいえる21歳、22歳、23歳の心境の変化を探ってみたいと思います。

さて、まずは今年の漢字ならぬ来年の漢字、から。
僕の場合、振返りではなく、来年の指針として来年の漢字を12月31日に決めています。
そして、翌年の暮れにそれが達成されたか振返るわけですが、こうしてみるとナカナカ実現できているなぁと我ながら感心。


2004年の漢字   「省」
2005年の漢字   「導/標(しるべ)」 
2006年の漢字   「始」 


特に今年は、年の初めに取り組んだC-BallやLoungeを通じて新しい後輩との出会いから、夢プロ、冬の別府帰省と別府に戻るきっかけが生まれました。
次に、Takaoと人生はじめてのヨーロッパ、イタリア卒業旅行。この旅をきっかけにTakaoと深い信頼関係ならぬ絆がうまれ、現在に至っているわけで。
そして、社会人としてデビュー。品川での研修から始まり、はじめての四国に赴任と全てがはじめての連続、新鮮でたまりませんでした。

自分の弱さ、強さ 改めて気づかされた1年。
“始まりのための始まり。”と1年前に書いていたけど、我ながら妙を得た表現だと。
自分ながら、ここまで予言を当ててくる自分に驚き 笑


▼さて、大雑把ながら今年の振返りも終えたところで、来年2007年の漢字を発表しまふ。
不思議と、瞬時に頭にその漢字が現われました、直感でこれしかないと。

 「躍」 

読んで字の如く、躍動的に動きまわり、過去23年間のなかで体験したことがないほどの飛躍の年になると確信しています。正直、明日から会社にいってもいい!と思うほどやる気に満ちている自分。
ここで香川に行く前に、MKの先輩からかけられた言葉を紹介。

 「初めの3年はどこで働くかが問題じゃない。そこで何を学ぶかだ」  

今ならその理由が解ります。
頭だけじゃなく、心の幹から理解したいま何をすべきか。道標がちょっとずつ見てきた感じ。
2007年 文字通り『飛躍』の年になるよう日々一生懸命努力していきまふ。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://letitbeyuki.jugem.cc/trackback/847
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/04/30 9:11 AM